成年後見こそ、最も司法書士法人として受任すべき業務

2017年1月30日

personal_image06

先週末、石川県司法書士会主催の「相続・遺言・成年後見セミナー」が無事終了。

 

142名の参加と、これまでで最高だったようです。

 

うちの事務所主催であれば少々にミスもご愛嬌と済ませられるのですが、そこは、多くの仲間たちが係っているセミナーですから、

 

講師としても緊張します。

 

なので、登壇者は意外とよく聴講者さんたちと目が合うものですから、分かってても分からなくても、うんうんと頷いて下さいね、と事前にお願い。

 

すると、不思議なもので、講師は安心するもので、安心してゆっくり話せると、分かりやすくもなるものですね。

 

プロっぽい顔をした人が、不安そうにしていたら、こちらが不安になるものです。

 

 

先週ほぼほぼパートナー司法書士が研修のため事務所にいなかったんですね。

 

というわけで、本日から漸く通常スタイルに戻れました。

 

こんなに安心感が違うものか?

 

ということで?本日、新規に成年後見人に2件就任することに。司法書士個人ではなく、司法書士法人として成年後見人に就任するのだ。

 

私も個人事務所時代に、個人として成年後見人に就任してきた経験はあるが、登記・裁判等の他の業務とのバランスの中で、就任できる数には限界があるなと感じていました。

 

司法書士が成年後見の仕事をする、たぶん1番オーソドックスな形態は、リーガルサポートという団体に登録し、家庭裁判所の名簿に搭載されること。

 

専門職に成年後見人になってもらいたいという場合、この名簿の中から選ばれる。

 

そのニーズは高く、かなりの頻度で依頼がくると聞いていた。

 

が、個人事務所時代の私では、依頼されても、物理的・精神的に難しいと考えていたので、リーガルサポートには登録せず、直接、私になって欲しいと求められたものだけを受任するようにしていました。

 

しかし、このスタンスに違和感を感じていたのも事実です。

 

僕が、個人事務所を法人化したのは、出来るだけ素直でいようと思ったからです。

 

今なら、石川県で初の、ただ一つの司法書士法人になれる、それって面白そう。なら、損得は取り敢えず横に置いていて、法人化しよう。

 

本当は、何かに特化した方が、ビジネスとしてはいいと聴いたことがある。

 

が、本心は、違うところにある。

 

僕は、司法書士として出来ることは何でもしたい。したがって、法人化した際こう宣言した。

 

特化しないことに特化しよう。

 

成年後見だって、1人では大変だが、法人として受任し、分担できれば、司法書士の数の単純な足し算じゃないことができるのではないか?

 

司法書士が安心していることが、本人さんに安心感を与える。

 

そこで、司法書士法人カルペ・ディエムも法人としてリーガルサポートに登録し、昨年末から家庭裁判所の名簿に登載されることになったのである。

 

現在進行形の案件で経験済みである。

 

敢えて言おう。

 

成年後見業務こそ、最も法人として受任すべき業務である、と。

 

だんだん、当法人のサービス内容も1つ1つが骨太になってきたな。

 

 

 

セミナー終りの打ち上げで、僕より年齢が若い(経験はそんなに変わらないかな?)司法書士が言ってくれました。

 

司法書士事務所を法人化したこと。東京事務所を新設したこと。

 

僕がやりたかったことを、金氏さんは全部先にやっている、と。

 

嬉しかったですね。

 

私のやることは、上の人にはよく変に見られますが、若い人の目線には合ってるんだな、と。

 

方向がだいたい間違ってなければ、たぶん目的地には着くだろう。

 

 

※記事に関連したサービス内容

成年後見申立

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ成年後見ブログ~

成年後見人と司法書士法人化のメリット

2016年10月19日

personal_image06

数日前も、関係業者の方に、「事務所を司法書士法人に変えてどうです?メリットって何ですか?」という質問を受けました。

 

司法書士事務所のような、基本少数精鋭で臨む事業においては、一人一人のパフォーマンスに依るところって多いと思うんですね。

 

であれば、これから増える(であろう、はず)のスタッフさんが活き活きと働けるのは?って考えると法人がいいよ、って僕なんかは思います。

 

その他、支店が出せるとか、不動産売買の決済が安心とか、他にも色々あるんですが。

 

エンドユーザーである依頼者さんにとって、と見ると、間接的なメリットと言えるかもしれません。

 

なので、この質問を受けると、分かりやすくパッと答えられないんですね。たぶん、ピンと来ないというか。

 

 

昨日、郵送でしたらから、正確には本日、成年後見人選任の申立てをしました。

 

成年後見人というのは、認知症等で判断能力が欠けることが常態化した方に代って財産を管理する法定代理人のことをいいます。

 

ご家族を成年後見人にというケースも多いですが、

 

成年後見人を選任する家庭裁判所は、我々士業のような第三者を成年後見人にという傾向が強くなっています。

 

その担い手である士業の状況は?

 

平均年齢60歳以上なんて士業はざら、地方であればその傾向はより顕著ではないでしょうか?

 

成年後見人を必要とするケースは、何も認知症等の高齢者に限りません。

 

障害のために若くして、後見人を必要とするケースもあります。

 

その財産を管理する立場にある成年後見人が彼らより早くに亡くなるということは、出来れば避けたいわけです。

 

が、人、つまり自然人の命は有限です。

 

法人であれば、この有限性を超えることができる。100%でないにしても。

 

司法書士法人カルペ・ディエムは、司法書士金氏克弥でなく、法人として成年後見人になれます。そして、複数のマンパワーで対応できます。

 

おそらく、これが、分かりやすい、エンドユーザーにとっての法人化の直接的メリットです。

 

※ 記事に関連したサービス内容

  成年後見申立

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
kanazawa@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ