年月日不詳弁済で抵当権抹消

2020年5月21日

不動産を売却する際には、その不動産の登記簿を確認します。

 

すると、亡くなった方の名義のままだったり、かつて付けられた抵当権(担保)が残っていたり、賃借権が設定されていたり、ということがままあります。

 

そこそこあります。

 

 

2か月ほど前、お世話になっている不動産屋さんから、登記簿がメールされてきて、売買のための仲介をするんだけど、これ消える?と。

 

見ると、抵当権が2つ。

 

抵当権者の1つはこちらの地銀が窓口になっている政府系金融機関。もう1つは所有者さんの祖父様が取引していた会社。

 

本日、政府系金融機関さんの窓口になっていた銀行さんから連絡。抹消の書類が揃ったので取りに来て。

 

預かった書類を見ると、昭和の時代に完済したのは間違いないけど、いつか分からないんです、という法務局宛ての上申書が入っていた。

 

抵当権抹消登記には、解除や弁済した日が記載されるのだが、その日が特定できない。

 

こういう場合、年月日不詳弁済を登記原因として可能である(登記研究567号)

 

もう一つの抵当権者の話をしたいのだが、この会社既に解散(清算結了)している。どうやって抹消するの?

 

については、また後日、たぶん明日。

 

 

※記事に関連したサービス

住宅ローンを完済したとき

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ抵当権抹消ブログ~

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ