基調講演してきました(成年後見偏)

2017年5月2日

司法書士法人カルペ・ディエムは法人としても、リーガルサポートという成年後見に関する司法書士の団体に加盟している。

 

そこに加盟することで、家庭裁判所の成年後見人の名簿の法人として名を連ねることができるのである。

 

家庭裁判所の方で、今回、後見人には専門職がいいという判断をするとこの名簿に記載された者が選任される。

 

そしてリーガルサポートを通して、その依頼がくる仕組みである。

 

朝一は、新規の依頼にあって、パートナー司法書士と受任するかの打ち合わせ。

 

打ち合わせというほどもなく、受けようね、で終わる。

 

良い格好しいではなく、ボランティア的側面を持ちながら受任することはあり得るのである。

 

1人で何十人も受任している先輩方には頭が下がる。

 

 

午後は、その成年後見制度について、基調講演をして欲しいというご依頼があったので、そちらに向かう。

 

会場は、生まれ故郷、中能登町。

 

1時間という限られた時間でしたので、成年後見について、とても基本的なことを。

 

そもそも何で司法書士が成年後見の話をするの?というところから。

 

だって、司法書士って登記をする人でしょ?

 

勿論そうです。間違いではありません。

 

でも、司法書士の司法って裁判所っていう意味なんです。裁判所に提出する書類を作るのが我々司法書士の仕事です。

 

成年後見人って、家庭裁判所で選ばれるんです。

 

だったら、その申立から、選任後についても、司法書士がお話するのがぴったりなんです。

 

司法書士が士業の中でダントツで1番多く成年後見人になっているのもそういう理由でしょう。

 

成年後見人って、認知症等で判断能力が欠けていることが常態化している人に代わって財産を管理する代理人です。

 

判断能力が欠けた後に選任されるために、その人の希望に沿った方が選ばれているとは限りません。

 

したがって、元気なうちに、自分がそうなったときに後見人になってもらう人を選ぶ方法があります。

 

これを任意後見制度といいます。

 

これはその人と任意後見契約を公正証書の形で結びます。

 

遺言もそうですが、公証人役場で作成される書類についても司法書士は相性がとてもいいです。

 

司法書士のメイン業務は今もやはり登記であり、法務局に申請します。

 

つまり、司法書士は、裁判所と法務局に提出する書類を作成する代理人です。

 

公証人役場は法務局管轄なんです。

 

遺言然り、離婚協議書然り、定款然り、任意後見契約然りです。

 

まあ、こんなことを基調講演という名の事務所アピールをしてきたとさ。

 

※記事に関連したサービス内容

成年後見申立

 任意後見

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ成年後見ブログ~

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ