相続放棄の本当の意味

2018年5月10日

相続・売買のご相談からの相続放棄のご相談。

 

お母様が亡くなりお姉さんが放棄したって言い出したんです。と。

 

放棄とは相続放棄を意味し、

 

相続放棄というのは、家庭裁判所に申述し受理されたことをいう。

 

が、

 

普通、一般の方が放棄したと言う場合、これを指さないことが多い。

 

遺産分割協議書に何も相続しない形で実印を押した場合が多い。その前に、相続しないよって意思表示をしたぐらいなことも。

 

話を聴いていると、どうも後者のようだ。

 

それで、本当の相続放棄ってどういうものか?について、丁寧に説明してきました。

 

さっきも言ったように、まず家庭裁判所に申述します。

 

亡くなってから3か月。

 

考える時間が欲しければ、この期間を延長することもできる。

 

後から借金があることが分かったら?

 

それを知ってから3か月内

 

相続放棄すると、そもそも相続人でなかったことになります。なので、子どもが相続放棄すると、親、亡くなっていれば兄弟姉妹が相続人になる旨。

 

などなど。

 

相続放棄のご相談も司法書士へ。

 

司法書士は家庭裁判所に提出する書類を作成するプロですからね

 

 

※記事に関連したサービス内容

相続登記

 全相続手続トータルサポート

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ相続ブログ~

 

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ