遺産分割協議には想像力が大事

2017年1月26日

personal_image17

今週の火曜日から明日の金曜日まで、1人事務所に戻っている。

 

パートナー司法書士が4日連続で名古屋出張。

 

というわけで、ちょっと前まで普通だった、24時間電話転送。

 

1人で面談し、1人で登記書類を作り、1人で申請し、1人で補正し、1人で取材に応じる。

 

同時に複数のことに気を配ることがこんなに大変だったんだと、人は簡単に忘れるものである。簡単に。

 

先回りして色々やってくれていたんだなあ、と。

 

これをしておくといいよね、っていうのは想像力ですよね。優しさと言ってもいいし、思いやりと言ってもいいし、仕事がデキルと言ってもいい。

 

 

本日、午後は、相続登記のための戸籍類の収集のため、石川県を北上。市役所のはしごである。

 

運転中は、明後日の「相続・遺言・成年後見セミナー」の一人リハーサル。

 

このブログを読んで下さる方は、たぶん明後日いらっしゃらないでしょうから、ちょっとだけネタバレ。

 

劇団員さんたちが6つの事例をショートムービーという形で演じてくれます。それに私が解説を加えるんですが。

 

その1つの事例。たぶん肝入り。

 

お父さんが亡くなって、司法書士のところに相談に行くと、先妻さんとの間に娘さんがいたことが判明。その娘さんが突如現れ、今の家族と遺産分割協議が始まる。

 

この遺産分割協議はモメる?モメるとすればその理由は?モメない方法は?事前に対策はとれた?

 

これを題材とすることに、司法書士の上役の方たちは喧々諤々の議論をやったというから、司法書士って本当に真面目だなって感心します。

 

つまり、先妻さんとの間の娘さんが悪者に描かれるのではないか?市民の皆さまに誤解を与えるのではないか? 真面目だし優しいですね。

 

でも、その通りだと思います。

 

私の担当する解説も、そこが肝だと思っています。

 

遺産分割協議をモメさせない絶対的な方法なんてありません。どんな場合にも対応できる汎用性抜群の方法なんて。

 

でも、敢えて1つ挙げるとすれば、先ほど言った、想像力だと思っています。

 

こういう場合、ついつい平和を乱す存在としてこの娘さんをとらえがちですが、

 

今の家族は、亡くなったお父さんがお母さんと作ったお家で安心して暮らせてきたのに対して、もしかしたらその娘さんは寂しい幼少期を過ごしたのかもしれない。

 

もちろん、新しい優しいお金持ちのパパと幸せに暮らしてきたかもしれないし、それはケースバイケースですが。

 

これまでどんな暮らしをしてきたのかに耳を傾けてみることから始めてもいいのではないでしょうか?

 

もし頑なに相続権を主張するとすれば、その理由は?

 

それな娘さん側もそうですよ。なぜ、この家族は自分に冷たく接するのか?もしかしたら驚いているだけなのかもしれない。

 

お互いが相手の立場を想像して、ちょっとでも譲ろうという姿勢が見えれば、遺産分割協議はもう少し違った結果を見せるのではないか?

 

もう少し生々しい話をすれば、

 

1人でもウンと言わなければ、遺産分割協議って終わらないんですよ。じゃあ、裁判所まで持って行く?お互いが弁護士を立てて。

 

お互いがそんな費用をかけるなら、その費用で調整を計ったらいいのにって、思うのは私だけ? じゃないよね。

 

※記事に関連したサービス内容

 相続登記

 全相続手続きトータルサポート

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ相続ブログ~

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ