どうしても今日中に公正証書遺言を作りたい。

2017年5月30日

昨日、今日と、電話が鳴る度に、仕事の優先順位が目まぐるしく変わる。

 

勿論、その日にしなければいけない仕事を意識しつつ。

 

どうしても今日中に相談にのってほしいとか、明日中に登記できないかとか。

 

隣接士業、同業、もちろん相談者、依頼者さん。

 

 

 

その中でも、昨日の午前中。1本の電話。

 

電話を取ったパートナー司法書士の声のトーンが変わる。沈んだような、同情するような。

 

横で聴いていて、だいたい察しが付いた。

 

電話の向こうは、公正証書遺言の遺言者のご家族である。

 

この件は、リーガルサポートを通じて、公正証書遺言の証人立会だけのご依頼。

 

つまり、文案を作成する支援はしていない。

 

と言っても、我々司法書士の方が公証人役場とのやり取りは慣れているので、間に入ってサポートする役割は求められている。

 

既にパートナー司法書士はご本人・ご家族と面談もしている。

 

公証人に出張してもらって、入院中の病室で公正証書遺言を作成することになっていた。それに私とパートナー司法書士2人が証人として立ち会う手はず。

 

予定は少し先だったが、ご本人さんの体調が芳しくない。

 

動揺したであろうご家族から、日程を早められないか?という問い合わせがうちに来たのである。

 

この瞬間、パートナー司法書士のその日のスケジュールで優先順位ダントツトップに立ったはずである。

 

すぐに公証人役場に電話。

 

金沢の公証人役場には3人の公証人がいるが、今回の遺言案を作成した公証人が生憎本日休み。最短でも翌日(今日)の午前10時だという。

 

ご家族の思いは、とても明日まで待っていられない。

 

そこで、急遽、別の公証人に代わってもらえないか?というお願い。

 

一から作ってもらうことになるのは申し訳ないが(勿論、コピペが出来る時代)。

 

私も居ても立っても居られなくなり、直接、公証人役場へお願いに。

 

すると、担当の方も、既に手配済みだったようで、別の公証人の予定を調整して午後3時には病院に行きますと約束してくれた。この時点で正午ごろ。

 

公証人役場では、こういうことが珍しくないのであろう。冷静なそして温かい対応に感動。

 

その日にしなければいけないことになっていたことを3時までに終わらせ、我々2人も病院へ。

 

その頃は午前に比べて落ち着いていたんでしょうね。しっかりした言葉で公正証書遺言を作成することができました。

 

ご家族も安心して下さって、とてもいい仕事だったと思います。

 

帰りの車、ちょっとテンションが上がっていることの自覚がありましたね。

 

とても嬉しかったのです。

 

遺言を残さなければいけないというご本人とご家族の思いを汲んで、うちのパートナー司法書士、公証人、担当者が同じ方向を向いて、形にしてくれたことが。

 

 

※記事に関連したサービス内容

公正証書遺言遺言作成支援

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ遺言ブログ~

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ