ペットの行く末の心配

2018年10月31日

司法書士事務所というものは、通常月末が忙しい。

 

たぶん、うちも。

 

銀行さんが月末あたりに融資を実行することが多いから。

 

たぶんと言ったのは、うちの優秀な司法書士たちがしれっと終わらせてくれるもんだから。

 

 

という訳で、そんな忙しかったであろう月末に、私はと言うと、ご依頼を受けている公正証書遺言作成支援。

 

依頼者さんは高齢な一人暮らしの女性。

 

来週には公証人役場で立会をして完成!というところまで来たんですが、おやっ?

あの猫はどうなるの?

 

と、心配になって、自分が亡くなった後の行き先を決めておきたい。と、思い立ち、取り敢えず来週の立会は延期。

 

依頼者さんに代わって、猫ちゃんの終の棲家探し。

 

世には、そんな施設だったり、NPO法人があるとも聞く。

 

ググってみたが、よく分からないので、行政が持っている情報に頼ってみようということで、まずは金沢市役所へ。

 

こういうことは電話より、実際会う方がいいと何となく思っている。より親身に聴いてくれるという経験則。

 

それなら保健所かな?と言われ、保健所へ。

 

こういう方がいなくなったら飼ってたペットはどうなるの?と聴いてみたところ、

 

身勝手な放棄じゃなかったら、市が引き取ります。

 

えっ?そうなの?

 

心配になって、殺処分とかされるんですか?と確認してみたら、金沢は殺処分ゼロを目指していますから、大丈夫です、と。今の市長の意向で、と。

 

おっ、市長、次の選挙、投票しようか?と心が動く。

 

弱った心に、若干うるっくる。

 

より詳しくは、動物愛護管理センターという所が別にあるんで、と教えられ、本日はそこに。

 

センターの方に相談。

 

今、市は引き取りしてないんです、と。昨日と違う。言葉に誠実さがあったので、話を聴く。

 

どうしたらいい?

 

まず、飼主さんにはペットを最期まで大事に世話してもらうのが原則。それが難しくなったら、ご自身で、新しい飼主を見つけてもらう。

 

もっともである。

 

では、そんな民間団体はないだろうか?

 

あったとしても、依頼者さんが亡くなったときに、その団体が存続しているとは限らない。生まれては消えていくということも実際多いそうだ。

 

とは言え、かかりつけの獣医さんに相談してみる、というのも手だよ、と教えてられ、なるほど明日行ってみるか、と思う。

 

今日は、この辺で。

 

自身がいなくなった後のペットを心配してとれる手法に幾つかある。例えば、遺言。ペットは法律的には物なので、誰かに遺贈する。ペットを世話してくれることを条件に財産を遺贈する負担付き遺贈というのもある。これを遺言ではなく生前に契約する負担付き死因贈与という方法も。最近耳にするようになったペット信託という方法も。

 

ただ、これらは実際に新しい飼主がいることが前提です。

 

うちの実家にも犬がいます。

 

ペットは飼主を癒してくれます。家を明るくしてくれる有難い存在です。

 

その行く末が心配になるお気持ちはよく理解できます。

 

という訳で、明日は獣医さんだな。

 

 

 

※記事に関連したサービス内容

公正証書遺言作成支援

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ遺言ブログ~

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ