遺言は最後の意思表示だから

2018年11月19日

18時を回ると事務所で1人になることが多く。

 

そんな時間に電話がなるとドキッとする。

 

先週、そういう時間に電話。依頼者さんから。94歳女性。

 

内容は、既に固まったと思っていた公正証書遺言の案を大幅に変えたいというもの。公証人役場に立会は明日。

 

遺言は遺言者の意思一つで作る。つまり、遺言者の意思が全てであり、最後の意思表示と呼ばれるものである。

 

気持ちの変化もなるほどと思えたので、その意思に沿った形に変更したものを持参して、ご自宅に訪問。もう10回は超えているはず。ネコも私の顔を覚えている様子。

 

打ち合わせは簡単に終わり、ご自宅を後にする。

 

あっ、携帯忘れたと気付き、戻ると、「まあ、先生上がって」と言われ、再度お邪魔すると、

 

「先生、雑煮食べる?」と既にお盆の上にのった雑煮登場。

 

「○○さんのお昼のでしょう?」「いいの、いいの、また作るし」

 

ということで、おこたに入って雑煮を食べる。お餅3つ。前回は焼き芋を頂いたような。ここで。

 

「昨日もね、うちに来た人が眼鏡を忘れてって今朝取りに来たのよ。眼鏡もファッションの1つ。綺麗に磨いておかないといけなと思うの、先生。だから私拭いて渡してあげたの」

 

(眼鏡もファッションだ! 賛成だ! お若いなって思う)

 

私は○○さんのお話が好きだ。長いけど、好きだ。

 

若い頃は、接客業の経営者でもあったので、お話が上手。そしてためになる。「私ね、お店の子にお客さんの悪口だけは言わさないようにしてたの。そういうのって面と言わなくても、そういう態度に出ちゃう。それをお客さんは感じ取るものなのよ。逆に、ちゃんと接すれば、お客さんはまた来てくれるものよ」と。

 

終活という言葉をよく聞くようになった昨今。

 

公正証書遺言はその代表的なものだが、任意後見契約というものがある。

 

お元気なうちに、自分が判断能力が低下したときに後見人になってもらう人と結ぶ契約。お元気なうちは見守りといって、月に一度ほど様子を見に来る、判断能力が低下してきたと判断すれば、後見人の仕事に切り替わっていく。

 

○○さんとは、月に一度見守りに来たいなって思う。

 

後見契約結んでないけど。

 

そんな人。

 

※記事に関連したサービス内容

公正証書遺言作成支援

 任意後見契約

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ遺言ブログ~

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ