小規模事業者持続化補助金と熱情の話。

2017年1月6日

corporation_image14

昨年9月あたりに大中小の企てを立てました。

 

小は、とある販促ツールの作成。

 

中は、家庭裁判所に司法書士法人として成年後見人名簿に搭載されること。

 

大は、東京事務所の開設。

 

小は昨年10月に、中は昨年12月末には実現。大は今月中に実現できそうです。

 

 

思いつくのは簡単です。楽しいです。その瞬間熱くもなれます。

 

でも、その熱情は結構簡単に冷めます。

 

早く形にしないと。

 

それには、行動とお金が必要です。

 

当事務所にはこの熱情が冷める前に形にしてくれたパートナーがいてくれたので、本当に有難いです。大中小全部です。

 

 

したかったのは、このお金の話。

 

小規模事業者持続化補助金の話。上限で50万円補助してもらえる。

 

今回の〆切は1月27日。

 

今回のこの大中小の企てでは、当てにしてなかったんですが、昨年法人化する際に何かと要りようでしたので、申請したんです。

 

どうなったと思います?

 

見事、ハズレました。

 

自分では結構いい事業計画だなって思ってたんですけどね。税理士さんのアドバイスももらったりして。

 

ハズレたから、負け惜しみで言うわけではないんですが、

 

申請しながらも、ちょっと使いにくいなって思ってました。

 

お金が入って来るタイミングが遅いな、と。それほど強烈に大きな額でもないし。

 

結局、私がそのとき思い描いていたものは全て形にしましたし、その費用は自費です。

 

でも、申請書を作成しながら、当たったらラッキーだ。ハズレてもこれらはやろうと思ってました。

 

なぜって?

 

今、思いついたということは、今それが必要だと感じているわけですよね。

 

必要と感じているなら、出来るだけ早く行動に移った方がいいですよ。

 

補助金があたるまで保留してたら、せっかくの熱情が冷めちゃいます。

 

 

先日、ホームページ作成に携わっている方とお話をする機会がありまして、やはり、補助金の話になりました。

 

そうそう、このホームページリニューアルこそ、補助金を当て込んでいた1つです。

 

それなりの費用を自費で賄いましたが、全く後悔してません。

 

業者さんにも、事前に補助金の話をしていましたが、あまり当てにしてないので、どんどん進めて行っちゃって下さいってお願いしてました。

 

そのとき、リニューアルが必要だと感じてましたし、

 

補助金が当たるまで保留しているより、その間に作成して、どんどんアップグレードして、ビジネスに役立たせる方が、はるかに健全のように思えます。

 

そんな話をしていました。あくまで自論。

 

 

もちろん、この小規模事業者持続化補助金を否定しているわけではありません。

 

利用するときは上手に利用しましょう、という話。

 

時もまた金ですよ。

 

東京事務所開設に使えないかな?と頭をよぎるのはここだけの話。

 

 

~石川県金沢市の司法書士が東京と繋ぐブログ~

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ