名前

2023年1月11日

新年明けましておめでとうございます。

 

1月11日です。遅っ。

 

産休中のスタッフから赤ちゃんの名前が決まったという報告がありました。

 

きれいな苗字に合った美しい名前でした。

 

名前は親が子どもに与える最初のギフトです。そして、その子が一生携帯するギフトです。責任重大ですよね。

 

私もいっぱい考えました。候補が挙がりすぎて収拾がつかないほどでした。

 

迷信的なものは信じないたちなので、画数は全然気にせず。

 

自分に課した唯一の条件は、「読めること」

 

元気に育ってね。

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ子育てブログ~

「産前産後休業取得者申出書」

2022年12月22日

 

事務所に戻ると、「〇〇さん(スタッフ)からLINE来てましたよ」と司法書士くん

 

スマホのグループLINEをひらく。

 

「おおおお、おう、おう」「やったね、よかった、よかったね、やあ、よかった」

 

「今朝、無事に女の子を出産しました。」の文字。

 

かわいい赤ちゃんの写真つき。

 

1か月ほど前から産休に入っていたうちのスタッフからのLINE。

 

こんなに嬉しいもんなんだな。

 

自分がこんなに喜んでいることに、自分自身が驚いています。

 

自分自身に子どもができて、初めて、子どもが生まれるって当たり前じゃないんだなって実感したこと。それは陳腐な言い方かもだけど、奇跡なんですよね。

 

1人目だろうが、2人目だろうが、10人目だろうが、やっぱり奇跡なんですよね。

 

妊娠報告を受けてから産休に入るまで、つわりが大変そうだったこと、仕事にドクターストップがかかったこと等があり、密かに心配していました。

 

それらが理由なのかは分かりませんが、

 

嬉しくて、嬉しくて。

 

早速、「産前産後休業取得者申出書」を出しに年金事務所に行かないと。経営者側の仕事。嬉しい初仕事。

 

彼女自身が準備してくれていた申出書に出産年月日を加筆して。

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ産休・育休ブログ~

Contact Us

ページトップへ