石川でうちにしかできない借換登記

2017年3月31日

今日は朝一、不動産売買の決済立会。すぐに申請。

 

午後からは、借換の登記申請。

 

借換、最近また増えだしてるのかもしれませんね。

 

改めて、借換の説明をしよう。オーソドックスなケースで。

 

甲さんがマイホームを建てるときにA銀行で住宅ローンを組む。A銀行は、土地と建物に抵当権(担保)を設定して登記します。

 

最近、利息って低くなってません?

 

甲さんは考えます。あれっ?B銀行の方が利息低いんじゃない?B銀行で新たにローンを組み、そのお金でA銀行のローンを返済してしまった方がお得なんじゃない?

 

これが借換です。

 

必要になってくる登記は、A銀行の抵当権抹消登記とB銀行の抵当権設定登記です。

 

司法書士事務所としては、よくやる登記の一つです。

 

逆に言えば、どの事務所でも出来る登記の一つです。

 

そんな謂わばありふれた登記ですが、今日の借換は一味違います。

 

石川県では、たぶんうちしかできない借換登記です。

 

故に、銀行さんもズドンと白羽の矢を立てて下さいました。

 

この借換は、形式的にはB銀行が甲さんに債権額を支払い、甲さんがA銀行に返済する。そうすると、A銀行は抵当権抹消のための書類を出してくれるのです。

 

B銀行は事前に抵当権設定登記書類を預けて下さいますが、A銀行は、B銀行が支払を実行する日、つまり当日のみ(場合によっては、後日)。

 

つまり、今日実行するということであれば、今日、A銀行に書類を取りに行けるということが前提となる。

 

今回、このA銀行さんは、東京にのみ店舗がある。

 

物件、依頼者さん、B銀行は金沢。

 

勿論、金沢の事務所のスタッフが東京のA銀行に取りに行けば可能は可能ですが、おそらく、交通費・日当を別途請求することになって、費用は割高になるはずです。

 

故に、B銀行さんの白羽の矢がうちに。ズドンと。

 

以前、ご挨拶させて頂いたときに、東京に事務所を設けましたので、こういうケースは、お客さんに費用負担させることなく可能ですよと、アピールしておいたのです。

 

というわけで、本日、東京事務所の司法書士が、自身の決済立会を終えた後、A銀行に赴き、抵当権抹消書類を授受。

 

ここからは昨日のブログと同様。

 

必要部分を写メして情報共有アプリにアップして、金沢事務所の司法書士がPDF化して、オンライン申請で完了。

 

この抵当権抹消登記を後日で構わないということであれば、どの事務所さんでも可能です。

 

しかし、同日、しかも費用をかけないで、ということであれば、石川県ではうちだけが出来る借換登記ということになります。

 

まあ、小さいことかもしれませんが、

 

うちにしかできない。というのが1つでもあるというのは誇らしいものです。

 

白羽の矢をお待ちしております。ズドンと。

 

 

 

※記事に関連したサービス内容

 住宅ローンを完済したとき

 マイホームを建てるとき

 

~石川県金沢市の司法書士が東京と繋ぐブログ~

 

 

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ