家族信託じゃなきゃダメですか?

2020年9月25日

このコロナのせいでお盆にも帰省できなかった相談者さん。

 

9月の連休。

 

入院している高齢のお母さんに会いに漸く帰省。そして、お母さんの今後について家族会議。

 

今は、年金や貯蓄で入院費用はまかなえているが、いずれはご自宅を売却する日が来るのではないか? そのときお母さんの判断能力は大丈夫だろうか?

 

事前にネットでいろいろと調べてきたそうだ。

 

家族信託を利用するのがお母さんのためにはベストなのでは?という感触をもったそうです。

 

で、

 

連休中に当職と相談。

 

話を聴くと、ご自宅はお母さん名義ではなく既に亡くなったお父さんの名義のままなのだそうだ。

 

お母さん名義だとすれば、将来、お母さんのために売却するとき、お母さんに充分な判断能力が必要である。

 

であれば、この機会に、相続人であるお子さん(相談者さん含め)名義にかえておくのが良いのでは?という提案。

 

幸い、相談者さんたちは皆さん一様にその実家をお母さんのために使いたいと考えている。

 

では、家族信託はどうなの?

 

なるほど、選択肢としてはある。

 

が、家族信託は契約である。しかも、ボリュームのあるかなり理解が難しい契約である。

 

これを入院している高齢のお母さんにご理解頂き、手続きを進めていくにはハードルが高い。

 

その旨を相談者さんに伝えると、

 

「そうやね、絶対理解してもらうの無理やは。お父さんが亡くなってすぐは名義変更の話できんかったけど、最近ではお前たちの名義にかえておかんとと言ってたわ」と。

 

シンプルな解決方法が見つかり、ホッとしたようでした。

 

ネットには色々な情報が散らばっていますが、その情報の正確性だったり、自分たちのケースに当てはまるのか?は、専門家に聞いてみる方が早いですよ。

 

是非!

 

誤解がないように言いますが、家族信託はいい制度ですよ。当てはまるならば。

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ相続ブログ~

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ