医師に学ぶ司法書士の説明責任

2016年11月30日

法律相談・困りごと相談(石川県金沢市の司法書士法人カルペ・ディエム)

本日は、2時間ほど事務所をパートナー司法書士に任せて、病院へ。(ありがとう)

 

近日、家族がとある手術を受けるので、担当医から説明を受けるため。

 

真剣に聴きながら、どこか、冷静に眺めているような変な感覚。

 

 

なぜか?

 

お医者さんの説明の仕方に興味があったのだ。

 

僕らも”先生”と呼ばれることがあるが、これがあだ名であることは数日前のブログでも書いた。こちらは、本気で呼ばれている敬称。

 

使う医学用語は、僕らが使う法律用語以上に難しい(だろう)。

 

聴く側が不安の中にいる、というのも共通している。命に係るなら、その不安は計り知れない。

 

で、

 

お医者さんは、この状況下でどんな説明の仕方をするのであろう?ということに興味が湧く。

 

普段とは、反対の立場で観察している。

 

なるほど。

 

不安の中に入ると、理解力は低下するものだな。どこか気がそぞろ。

 

同じだな。間違ったことを言わないように医学用語を使うが、それがどういう意味かを説明するときには、できるだけ平易な言葉に置き直そうと努力している。

 

敢えて、ゆっくり話そうとしている。たぶん、その方が安心感を与えるのだろう。

 

たまに、笑顔を見せるのもそのためなんだろう。

 

僕らも、いわゆる相談過誤(誤った答え)を気にするが、彼らは医療過誤というもっと重いモノを背負っているので、全てを語っておかないと、という思いが強いかな?

 

遺産分割協議や、何か争い事があったとき、相手の立場になって一旦想像してみて下さいなんて、気軽に言ってたが、やはり相談者側を体験してみるものである。

 

相談者は、目の前のプロに頼りたいのである。

 

できるなら、僕に任せておけば大丈夫ですって言って欲しいのである。

 

(「私、失敗しないので」、とは口が裂けても言わないだろうが)

 

100%それが無理であったとしても、少なくとも、理解頂けるように、ゆっくり分かりやすく優しく話すべきである。

 

と、いい勉強をさせてもらった。

 

 

 

ごめんね。先生。

 

これは私の個人的な感想だが、患者さんに話しかけるときは、

 

”あなたの場合” より ”○○さんの場合”という感じがいいかな?

 

 

※ 記事に関連したサービス内容

  困りごと・法律相談

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ法律相談ブログ~

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ