司法書士のあるべき姿

2017年9月15日

今週頭に、法人として成年後見人になっている被後見人さんに緊急事態。

 

うちのパートナー司法書士はそれにかかりっきり。とまでは言わないまでも、彼女の中では優先順位ダントツ第一位。

 

被後見人さんのために、そのご家族のために、病院のはしご、色んな医師、ソーシャルワーカーに会い、まさに走り回っていた。

 

今日になって、被後見人さんも周辺も落ち着いてきて、他県にお住まいのご家族の方が事務所にご挨拶にみえた。

 

「こさかさんには大変よくしてもらって」

 

と、大変な感謝のお言葉を頂いた。

 

そのトーンや表情から、うちのパートナー司法書士が私たちの見えないところでどれだけ一所懸命やってくれていたことが分かって、嬉しかったですね。

 

当たり前のことを、当たり前のように出来て、

 

当たり前のように感謝されて、

 

司法書士はいい仕事である。

 

 

一方、地味とも言える登記の仕事を黙々と書類を作り、粛々と申請してくれていた、うちの新戦力司法書士くん。

 

これもまた司法書士のあるべき姿である。

 

 

優秀な司法書士に囲まれて幸せなバカ所長だけは、

 

ご家族から渡されてお土産を

 

当たり前のように真っ先に遠慮なく手を出していました。

 

 

家族に好きなだけ持って行きな

 

って二人に薦めたのに、あとで確認したら3つだけ減っていた。後の1つは、私がいの一番に食べたもの。

 

謙虚な二人だ。

 

 

※記事に関連したサービス内容

 成年後見

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ成年後見ブログ~

司法書士法人の多様性と永続性に期待

2017年7月18日

松本さん「本当に私なんかでいいんですか?」

 

私「松本さんがいいんです」

 

付き合いたてのカップルのような会話を事務所で繰り広げる。

 

松本さんは、新戦力くん。男。現在、登録準備中。その必要書類を作成している中で、心配になったようです。

 

私が、個人事務所を法人化したのは、法人をプラットフォームとして、参加する司法書士の多様性と、法人自体の永続性・安定性に期待したから。

 

 

本日、午後一、成年後見の申立て案件を2件受任。

 

当初、被後見人(予定)さんが入所している施設には私が相談に行く予定でした。

 

ケースワーカーさんから改めて電話があり、出来れば、女性の司法書士がいいとのこと。

 

身近で接しているケースワーカーさんの判断は尊重しないと。

 

大丈夫。

 

うちには女性司法書士がいます。

 

ということで、急遽、私に代わって、パートナー司法書士に面談してもらうことに。

 

帰ってきてから話を聴くと、後見人には個人の司法書士ではなく司法書士法人が良かったんだって。

 

それは被後見人(予定)さんがまだ比較的若く、長くお付き合いが必要になる可能性が高いから。

 

今回こそ、私が、法人化した趣旨にぴったり。

 

法人の多様性と永続性・安定性である。

 

ぴたっとはまった気がして、とても嬉しかったです。

 

 

新戦力くんは、とても誠実で、落ち着いた仕事をしてくれるのが持ち味。

 

きっと彼の仕事を求める依頼者さんが出てくるだろうな。と確信しています。

 

 

 

※記事に関連したサービス内容

 成年後見申立

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ成年後見ブログ~

 

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
kanazawa@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ