そのハガキ置いていいよというお店・事務所・会社さま大募集

2016年10月31日

石川県でただ一つの司法書士法人で、

 

日本で最弱の司法書士法人が、

 

世界で最も優しい司法書士法人になる企画。その第一弾。

%e3%81%af%e3%81%8c%e3%81%8d

困ったことをハガキに書いて投函することで、解決の糸口が見つかる。

 

 

事の発端は、とあるカフェのオーナーの、金氏さん何か事務所パンフレットないの?という問い(あれば、カフェに置いてあげるのに)。

 

パンフレットかあ。

 

そう言えばないなあ。

 

最近の私なら、そうだな、よしパンフレットを作ろうという気になるはずなのに、何故か今回はそうならなかった。

 

で、思い立ったのが、このハガキ。

 

おばけのポストに手紙を入れりゃ、どこかで鬼太郎の下駄の音。からんころん、からんからんころん🎶(ゲゲゲの鬼太郎主題歌より)

 

ちょっと話がずれた。

 

昼下がり。のんびりカフェでコーヒーを飲む。ハガキがある。そういえば、ちょっと気になってたことがあったな、とペンを走らす。

 

そんなことをイメージ。

 

パートナー司法書士にコンセプトを話す。置かせてもらうお店の雰囲気を壊さない優しいデザインでと。

 

うちのパートナーはその辺の勘所が凄いので、とてもいい感じで作ってくれた。

 

すぐに、ラ○スルに発注。

 

写真がそれ。

 

そう言えば、パンフレットは置かせてくれると聴いていたが、ハガキを置いてくれるとは聴いていなかった。本日確認するとOKとのこと。

 

感謝。感謝。

 

後日、お邪魔しよう。

 

 

司法書士は、相続・会社設立のような登記、遺言のような終活だけじゃないんです。

 

知ってました?司法書士って裁判もできるんです。

 

身近な”困りごと”を解決できる、最も腕の長い士業だと自負しております。

 

勿論、できないことはあります。

 

そんなときは、必要とあれば、弁護士、税理士、行政書士etc、しかも優秀な方々をご紹介します。

 

うちが最も自信があるのは、紹介できる隣接士業の方々の質の高さです。

 

そう、私は、他人のふんどしで相撲を取る天才です。しかも横綱のふんどしで相撲を取ります。

 

この相談は、司法書士なのかな? 税理士なのかな? 行政書士なのかな?って悩む必要はないんです。

 

 

後から振り返ったとき、きっとこう思うはずです。

 

そう言えば、解決の糸口は、あの司法書士だったな。

 

あのハガキだったな。と。

 

 

 

 

ここで、重大なお願い

 

うちのお店、事務所にもそのハガキ置いていいよという方、大募集

 

特に、御社にメリットはありません。ごめんなさい。

 

 

※ 記事に関連したサービス内容

  困りごと・法律相談

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ法律相談ブログ~

 

敷居3cmの司法書士事務所の困りごと相談

2016年10月26日

本日、午前中、とある法律相談を受けた。

 

2日前、私のいない時間に事務所に電話があったようだ。

 

相談者は主婦で、電話に出た女性であるパートナー司法書士と30分話をされたようだ。

 

ご主人にもずっと言えなかったことを初めてそこで吐露できたそうです。

 

電話相談では限界があるので、本日、面談となりました。

 

私は、法律相談の効用をこう考えています。

 

まず、自分で言葉にするので、頭の中の整理ができること。

 

そしてため込んだものを吐き出せるので、スッキリします。

 

ときに泣かれる方もいますが、涙を流せればよりスッキリしたりします。

 

1時間2時間の法律相談の中だけで問題が解決するわけではありません。

 

任せればもう大丈夫という安心感を得られることもありますが、

 

任せたとしても決して優しい結果にならない、厳しい結果が待っていることが明らかになることもあります。

 

それでも、見通しがつくのです。

 

あの、漠然とした、何とも言えない気持ち悪い悩みからは解放されることが多いように思われます。

 

ああでもない、こうでもない、という結論の出ない、一人で思い悩むあの日々から。

 

東京の弁護士事務所さんに相談したこともあったそうです。

 

悩みの内容によっては、近くより、ある程度離れている方が話しやすいということはあると思いますが、

 

実際にご依頼されるときには、せめて県内の弁護士、司法書士をお薦めします。

 

主戦場は県内になる可能性が高いですし、

 

さっきの法律相談の効用は面談にこそ発揮され易いように思います。

 

 

誰にも言えなかったこと、言葉にしてみませんか?

 

ちょっと休んでいきませんか?

%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%81

うちのロゴがベンチで、実際にベンチがあるのはそういうわけなんですよ。

%e5%9c%b0%e8%94%b5

敷居も3cmと低い。

 

つまづかないようにもしています。

 

何より、上向き地蔵が見守っています。

 

※ 記事に関連したサービス内容

  困りごと相談・法律相談

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ法律相談ブログ~

15 / 15« 先頭...1112131415

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ