働くとは傍(はた)を楽(らく)にすること

2021年7月12日

働く(はたらく)とは「傍(はた)を楽(らく)にする」からきていると、最近読んだ本に書いてありました。

 

つまり、働くとは、自分以外の第三者を楽にすることです。

 

何てステキな視点でしょう? 勇気の湧いてくる味わいでしょう?

 

きっと楽にするという意味には物理的なものにとどまらず、精神的なもの、気持ちまで含まれているでしょう。

 

はたらくとは、傍を楽にすること。

 

会社が生み出す商品やサービスがお客さんや取引先や社会を楽にすると思えれば、なんだかやる気が湧いてきます。

 

自分の毎日の、瞬間瞬間の、何でもないとも思える作業が、同僚やお客さんを楽にすると思えば、やり方に工夫が生まれますね。

 

私がいる司法書士事務所はどうでしょう?

 

司法書士と言えば、登記業務。お客さんに代わって登記をする代理業。

 

まず求められるのは、決められた日に間違いない登記を申請をし間違いなく完了させること。

 

お客さんを楽にするって何だろう?

 

二度手間にならないように間違いない書類を作る? なるべくなら押印時間は短く? 説明は分かりやすく?

 

同僚を楽にするって何だろう?

 

見易いチェックしやすい書類を作る? 早くチェエクして安心させる? タイミングよく報告する?相談する?

 

司法書士は日々よく法律相談にものります。

 

相談者さんを楽にするって何だろう?

 

そう考えれば、言葉遣いや仕草も変わってくることでしょう。それらで傷つけることもできれば少しは楽にしてあげることもできる。

 

 

改めて見ると、私は同僚に何て楽させてもらっているんだろうと思えてきます。

 

郵便だしておいてとお願いする。

 

そこには封筒と切手が常備されていて。よく出すところには宛名のシールが作られていて。綺麗な文字で封書が作られ、重さによって切手が貼られ、必要によっては速達の文字が施される。

 

楽させてもらってるなって思えば、やっぱり楽させてあげたくなるものです。

 

でも1つ気を付けていることがあります。

 

スタッフにはお客さんを楽させてあげることを考えるようにと伝えています。

 

しかし、何もお客さんの奴隷になれとは言っていないとも伝えています。

 

つまり、自己犠牲が過ぎてはいけないと思っています。

 

自己犠牲は継続的なビジネスの障りになりますからね。

 

よって、

 

はたらくとは、傍を楽にすること。でも、自己犠牲が過ぎちゃいけない。

 

サザエさんを見たあとでも、明日、会社行くのも悪くないって思えてきませんか?思えないか。

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐはたらくブログ~

 

 

宗教心を持つって胡散臭い??

2021年2月8日

小学3年生のお兄ちゃんと幼稚園年長さんの弟くん

 

生まれたのはどちらが先でしょう?

 

・・・・・・・・

 

Thinking  Time

 

・・・・・・・・

 

・・・・・・・・

 

もちろん、答えは小学3年生のお兄ちゃん。

 

・・・・・・・・

 

・・・・・・・・

 

もう1つの答え。同時。

 

年長さんの弟君が生まれたときに、その瞬間、小学3年生の男の子はお兄ちゃんになったのです。

 

私、2週間ほど前、浄土真宗本願寺派の教師教修を終えたんですが、そのとき、先生が「縁起」という仏教の根本原理を説明してくれたときの例え。

 

「縁起」とは、「すべての存在は数限りない因縁によって存在し得ている」「私たちは1人で生きているのではなく、他のおかげ様で生きている」ってことくらいでしょうか?

 

弟がいて兄があり、生徒がいて先生がいる。

 

科学優位(絶対)の時代にあって、宗教心をもつことはどこか胡散臭いと思われがちですが、

 

角度を変えた視点や考え方を持っておくという生き方もちょっとよくないですか?

 

そんな生き方に出会うというのもちょっと面白くないですか?

 

心が少し軽くなる気がします。

 

というのが、私個人の感想です。

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ副住職ブログ~

 

 

 

 

Contact Us

ページトップへ