分割弁済完済にみる借主の良心

2019年12月2日

今は、預金の出入りは、スマホのアプリでチェックする時代。

 

本日、確認すると、〇〇〇〇、15,000円入金の文字。

 

 

話は2年以上前に遡る。

 

個人間でのお金の貸し借りの相談を受ける。

 

貸したことは間違いないが、親しい間柄で、証拠と呼べるものが少ない。

 

とは言え、訴訟も前提に、貸した方から受任。

 

内容証明郵送から始まり、任意の交渉を進める。

 

借りた方も、証拠ないだろうとか突っぱねる訳ではないが、一括で返済することは難しいということで、分割で返済する内容で和解が成立。

 

和解書を作成し、当事務所の管理口座に毎月返済することに。

 

それを毎月確認し、定期的にうちの成功報酬を差し引いた額を、依頼者さんに入金していく。

 

ときに支払が滞りつつも、当初の約束からは時間がかかったが、本日完済。

 

依頼者さんに最後の入金。

 

「長らくお世話になりました」という言葉も頂けました。

 

借りたものを返すのが基本。

 

ちゃんとそれを守った人を私は尊敬します。

 

ときに厳しいことを申し上げることもありますが、本当に尊敬します。

 

和解は、債権回収は、その良心にかかっている部分が大きいと言えますね。

 

長らく、おつかれさまでした。

 

 

※記事に関連したサービス

債権回収

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ債権回収ブログ~

支払督促の異議と意義

2019年11月15日

 

相手方に支払義務があるにもかかわらず支払ってもらえないときの督促の方法と言えば、内容証明郵便を使う方法がある。費用も1500円ほど。

 

それに比べると若干費用がかかるが、支払督促という方法もある。

 

これは簡易裁判所書記官宛てに申立するもので、やはり裁判所から相手方に書類が届くのでインパクトは内容証明を超える。

 

ただ、この支払督促には、相手方に異議を述べる機会が与えられていて、相手方から異議が出ると通常の裁判に移行する。

 

先日、とある会社さんが請け負った仕事の報酬が支払われないから、その債権回収をして欲しいという依頼を受けた。

 

ということで、この支払督促を選択。

 

そもそも争いなんてないし、ただ払わないだけだろう、って思って。

 

どこかで相手方との交渉になるだろう?って思ってましたが、思いがけず先の異議が出てきた。

 

つまり、裁判に移行した。

 

訴額(請求している額)は決して大きくはない。司法書士や、まして弁護士を代理人にするケースでもないのかもしれない。

 

が、する意義はあると、思っている。

 

それは「働いた」ことの対価の回収だから。

 

それくらい「働く」ことは尊いと思っている。

 

働くことは生活の糧を得る手段でもあるが、それ自体が生き甲斐や誇りになったりするものである。

 

ときどき、お金を払う方が偉いみたいに勘違いしている人がいるが、勿論そんなことはない。

 

サービスを提供する側、お金を払う側は対等だ。

 

だから、報酬は対価なのだ。

 

勿論、当職も今の時点では依頼者さんからの主張しか聴いていない訳だから、次の期日には、被告さんの、弁護士さんの意見を聴いてみたいものである。

 

 

※記事に関連したサービス

債権回収

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ債権回収ブログ~

1 / 712345...最後 »

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ