訴訟経済と簡易裁判所

2020年2月27日

今日は、とある裁判の第4回期日。そして終結。

 

昨年後半から訴訟が続いている。

 

司法書士は、140万円までの簡易裁判所管轄の訴訟であれば代理人になれる。

 

とはいえ、訴額は50万円に満たないような案件がほとんどだ。今回は、20数万円。

 

事務所に戻る、やはり20数万円の売買代金を回収して欲しいという相談の電話がなっていた。

 

基本、この中から報酬が出るわけだから、どう考えたって、ビジネス的に成立していないことは明らかだ。

 

本日も、相手弁護士から何でこんな訴訟受けるの? 法律相談に来られたらお断りする案件でしょ? と。

 

訴訟経済という言葉がある。

 

大学時代に勉強した気がする。

 

要は、裁判所(紛争解決機関)という限らた資源を有効に活用するには、訴訟は効率的であるべきということ。

 

訴訟係属しても、もたもた、だらだらしない。

 

係属前でも、裁判で解決できないものは裁判所に持ってくるな。というところもある(だろう)。

 

なら、こんな小さな紛争、裁判所に持ってくるなよ。証明が困難な、係属したらもたもたするようなもの、裁判所に持ってくるなよ。という雰囲気があるやに思う。

 

まあ、大きな声で言っちゃうと、簡易裁判所の存在理由がなくなっちゃうよね。

 

では、

 

若干冷ややかな視線に耐えながらも、引き受ける理由は?

 

依頼者さんの熱量でしょうか。

 

報酬を引くと、ほとんど手元に残らない。それでも、どうしても我慢できないという熱量。

 

今回は、仕事をしたのに、その報酬が払われないというものでした。

 

仕事というものは尊いものだと思っています。

 

自らの貴重な時間と労力を提供する訳ですから。

 

なので、そういうご依頼は受けてしまう傾向がありますね。

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ裁判ブログ~

訴訟と調停が終結

2020年1月16日

本日は、朝から裁判所。

 

昨年後半に受任していた訴訟案件が連続して終了。

 

1つは登記関係の訴訟。

 

昨夕判決が出ました。

 

登記をするには2週間の確定期間の経過が必要です。

 

 

もう1つは、調停案件。

 

とある施設で怪我をしたことを原因とした損害賠償案件。

 

来週中に3回目の期日を控えていましたが、調停外で合意ができたので、「調停に代わる決定」を出してもらって終了。

 

大企業故でしょうか? 誠意あるご対応を頂いたと思っています。

 

調停ですから、どちらかが100%の勝利ということはありませんが、怪我の治療にかかった実費と慰謝料を若干加えた額を支払ってくれるとのこと。

 

これらは、司法書士が代理できる140万円の範囲内の争いです。

 

多くは数十万円。

 

そこから司法書士の報酬が払われる訳ですから、その額の小ささが推測できるのではないでしょうか?

 

手間ばっかりかかって儲けの少ない訴訟案件を受任できるのは、うちのスタッフが登記業務をちゃんとみてくれるからです。

 

儲からないけど、やらないといけないことが、地方に住む司法書士にはあると思っています。

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ裁判ブログ~

 

 

1 / 812345...最後 »

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ