遺言執行者を指定する場合の注意

2021年2月2日

弁護士さんから連絡。

 

「遺言執行者に選任されたので、不動産の名義変更をして欲しい」

 

遺言書を見ると、遺言執行者が別に定められている。

 

しかし、遺言執行者は就任を拒否したということらしい。

 

遺言を作成するとき、まず、遺産の分け方を決めます。次に、この遺言執行者を指定します。

 

遺言執行者というのは、相続人に代わって、遺言内容を実現する代理人のことです。銀行口座を解約したり、不動産の名義変更をしたりする。

 

遺言というのは、遺言者の単独行為なので、遺言執行者になってくれるであろう人の意向を確認して作成するわけではないのです。

 

となると、その人を指定しても、その人が引き受けてくれないということも出てくるわけです。

 

では、この指定された遺言執行者が就任を拒否した場合どうするか?

 

1つは、相続人等が家庭裁判所に遺言執行者選任の申立をするという手法。

 

この申立書類の作成や、その候補者を司法書士が担うことも可能です。

 

今回、その遺言執行者に弁護士さんが選任されたということで、その弁護士さんからのご依頼という訳。

 

司法書士は、その弁護士さんからの委任状があれば、その遺言書を使って登記申請をするという訳(公正証書遺言なので検認も不要)。

 

そういえば、以前別の仕事をさせて頂いた方の奥様が連絡。

 

「父親が公正証書遺言を残して亡くなったので、銀行で口座解約をしようとしたら、遺言執行者でないとダメって言われたんですけど、どうすればいいの?」と。

 

遺言執行者はどうされたんですか?

 

遺言執行者は行政書士の先生が指定されていたんですけど、高齢でもうお仕事されていないということで断れたんです、と。

 

銀行さんが、遺言執行者を選任するようにと。

 

電話代わってもらえます?

 

銀行の担当者さんと話すと、顧問弁護士さん曰く、そういう場合は遺言執行者を裁判所で選任してもらうんですよ、と。

 

その通りなんですが、遺言で相続することになっている方が自ら手続きとっても問題ないでしょうし、何より、それだけのために費用かけて遺言執行者選任するのもな、というのはシンプルな感想。

 

私ども司法書士は、遺言に基づいて相続登記をすることも度々。

 

その場合、遺言執行者からのご依頼だったり、実際に相続する方からのご依頼だったり、どちらも可能という認識なので、

 

「遺言執行者を選任しなくてもできると思うんですが、顧問弁護士さんにご確認して頂けませんか?」と銀行の担当者さんに。

 

数分後、相談者さんから「選任しなくてもいいと言われました」というホッとしたような電話。

 

ここで、1つ提案。

 

遺言を作成する場合、遺言執行者は司法書士法人にしておきませんか?

 

手前味噌ですが、

 

司法書士は遺言作成支援のプロですし、法人は歳を取らない。

 

そんなメリットがありますよ。

 

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ遺言ブログ~

 

遺言を作りやすく

2020年11月25日

先日、銀行さんから連絡があって、遺言を作成したいというお客様がいらっしゃるので、相談にのってあげてくれませんか?と。

 

という訳で、本日、銀行さんの応接室で面談。

 

どうして遺言を残されようと思ったんですか? という質問から始まる。

 

答えによっては、遺言ではない選択もありえますからね。

 

相続人はお子さん3人なんですが、きっとトラブルになるとは思っていません。少なくとも、今のところは。

 

ただ、自宅だけはこの子に確実に譲りたいというお気持ちがあるそうで。他の子にも伝えてある。

 

なるほど、遺言がベストでしょうね。

 

トラブルが起きないなら、何も残さず、子供たちの遺産分割協議にお任せでもいいんですが、やっぱり、”今のところは”というところがポイント。

 

相談者さんが亡くなるタイミングで、相続人の子供たちの経済状況がどうなっているか分かりませんもんね。今のことろは大丈夫。そのときもきっと大丈夫と思うけれども、やっぱり念のためという感じです。

 

相談者さんの、お気持ちを形にして、お子さんたちに伝えるのです。

 

それが遺言という選択ですね。

 

でも、遺言を残すにあたって費用のことも気になる、とのこと。

 

そこで、公正証書遺言と自筆証書遺言の説明を簡単にします。簡単に。

 

最近の自筆証書遺言の保管制度についても。もちろん、簡単に。

 

思ったほどかからないんだなって安心すると、公正証書遺言を選択される方が多いですね。 公証人に作ってもらえるって安心ですから。

 

安心したいんです。遺される人にも楽させてあげたいんです。

 

じゃあ、どういう風に書いたらいいの?

 

と進んでいきます。

 

そこで、うちの事務所で用意しているひな型をお渡しします。

 

敢えて大雑把で、自由度を高くしてあります。しかし空白を埋めていくと、遺言書の形になるようになっていきます。

 

銀行さんを通じてですからね、そこは。預金やら保険も絡み、やっぱり遺留分(相続人が最低限相続できる持分)の説明をします。

 

そして、付言事項です。

 

なんで、その子に自宅を引き継いでもらいたいのか?なんで、その分他の子たちの相続分が減っちゃうのか?相談者さんの率直なお気持ちをみんなに伝えます。

 

これなら書けそう!

 

ということで、本日の相談は終了。

 

来週、作ってみる草案を見せてくれるそうです。

 

遺言は大切です。作り方のハードルを下げるのが私たち司法書士の役目かもしれませんね。

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ遺言ブログ~

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
kanazawa@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ