自筆証書遺言書保管制度始まる。

2020年7月10日

2020年7月10日 つまり、本日。

 

自筆証書遺言書保管制度が始まりました。

 

簡単に言うと、法務局が手書きの遺言書を預かってくれるという制度。

 

費用は3900円とお安い。

 

これを受けて、遺言書作成支援の第一人者を自負している司法書士が、石川県司法書士会が、ドカンと遺言のセミナーを打ち上げる予定でした。

 

そのメンバーでもあった私も、昨年から準備してきたのですが、このコロナ禍の影響でセミナーは中止。

 

せっかくですから、

 

微力ながら、うちのブログで紹介しておきます。

 

2020年7月10日 つまり、本日、自筆証書遺言書保管制度が始まりました。

 

手書きの遺言書にはいくつか弱点がありました。

 

全部手書きでないといけない→昨年法改正があって、財産目録はパソコンで作ってよい、登記簿のコピーも可と若干の緩和がありました。

 

誰にも見つけてもらえない。検認という裁判所で開示する手続きが必要という手間→ 今回の保管制度で若干克服

 

裁判所の検認も不要となりました。

 

とは言え、代理人ではなく、本人が法務局に行かないといけない等、弱点がいくつかありますね。

 

この制度が根付くかは、もうしばらく様子を見る必要がありますね。

 

しかし、

 

今回のことで、遺言というものに意識がむくことになれば、それはそれでいいかなと思います。

 

自筆証書遺言にしろ、公正証書遺言にしろ、遺言をのこさず後のことは相続人にお任せというよりは絶対にいいですからね。

 

ちなみに、公正証書遺言もこれまで通り可能です。

 

今のところ、公正証書遺言の方が使い勝手がいいかな、というのが私見です。

 

私個人のセミナー作成資料の一つ

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ遺言ブログ~

不急ってなんだろう?

2020年4月3日

司法書士の仕事って不要不急の仕事ですよね?

 

と、うちの司法書士がつぶやく。

 

この場合、不要は置いといて、多くの業務が延期してもいいんじゃないか?という意味らしい。

 

さて、今日は、高齢なお父さんの相談を受けた。

 

自身が亡くなった場合に、奥様が安心して暮らしていけるようにというもの。

 

今年に入り、体調が悪くなり、この機会しかないというもの。

 

民事信託も検討したが、

 

時間的制約を鑑み、公正証書遺言を提案し、それで今回のニーズは達成できることをご理解頂けたので、すぐに準備に取り掛かることを約束。

 

不急ってなんだろう?

 

 

 

※記事に関連したサービス内容

公正証書遺言作成支援

民事信託

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ遺言ブログ~

 

1 / 1712345...10...最後 »

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ