遺言と司法書士の係わり方

2020年9月11日

遺言をのこしておきたい。

 

と、思ったとき、考えるのは遺される人のこと。

 

その人が困らないように。自身の遺志がちゃんと届くように。

 

遺言と司法書士の係わり方。

 

まずは、作成段階。せっかく作ったのに無効になってはたまらない。

 

公正証書遺言なら公証人のチェックが入るので安心だが、自筆証書遺言でいくなら形式的にも無効にならないようアドバイスをもらうといい。

 

その遺言が争いの種にならないように。遺される人たちのことを考えて、遺留分についてのアドバイスをもらうといい。分け方だね。

 

遺言をスムーズに実行するには遺言執行者の取り決めは重要だ。

 

遺言執行者とは、遺言を実現してくれる相続人の代理人である。面倒な手続きが多いから、そういうことに慣れている人がいい。せめて苦手じゃない人。

 

実際に相続してもらう人になってもらうことも多いが、司法書士を遺言執行者に選任することも多い。その場合、トラブルにならないように報酬(もしくは決定方法)を決めておくとよい。

 

司法書士は、不動産の名義変更である相続登記も、銀行口座の解約等の遺産証明業務にも慣れているので安心である。

 

さて、本日、この遺言執行業務が完了した。

 

正確には、遺言執行者の支援業務が完了した。

 

当事務所は、もし遺言執行者が就任してくれなかったら、と二次的な遺言執行者になっていた。

 

当初は、一次的な執行者さんが取り組んで下さったのだが、高齢ということもあり、そのお手伝いをする形で引き継いだ。

 

ご自身の遺志を間違いなくスムーズに実現するために、遺された人たちを困らせないように、遺言には司法書士を上手に使いましょう?

おひとり様のペット(遺言・信託)

2020年7月30日

公正証書遺言作成を支援した依頼者さんの弟さんが事務所に来られた。

 

遺言を残されたお姉様が、入院先の医師から長くない旨告げられたということを知らせに来てくださいました。

 

数日後、お姉様が亡くなった旨の電話。

 

ご主人が亡くなった後、お一人で暮らしていたお姉様。

 

90歳を超える方で、何度もご自宅にお邪魔して公正証書遺言の完成にこぎつけました。

 

1番の心配していたのは飼っている猫。

 

本当であれば、自身が元気なうちに、新しい行き先に引き取ってもらう方がいいのかもしれませんが、なかなか寂しいものです。

 

そこで、遺言の中で、それをお願いすることに。

 

任された方にも生前にお願いしておきました。

 

当法人は二次的な遺言執行者。

 

遺言執行者である弟さんが就職できない場合は、引き受けるということになっていました。

 

弟さんは遺言執行者を引き受けて下さるということで、当法人はその遺言執行のサポートに。

 

という訳で、本日、その新しい行き先に連絡をして、近日引き取って頂くことになりました。

 

とても話好きで、そして話し上手な依頼者さんでした。

 

依頼者さんの第一希望が叶えられて、私も安心しました。

 

自身が亡くなった後のペットのことが心配という方もいらっしゃるでしょう。

 

最近では、遺言だけでなく、信託という方法も注目されています。

 

信託においても経験の多い当事務所にご相談ください。

 

 

 

~石川県金沢市の司法書士が繋ぐ遺言ブログ~

 

 

 

 

 

 

Contact Us

司法書士法人カルペ・ディエム

金沢事務所

TEL
076-255-0842
FAX
076-255-0843
住所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101
EMAIL
info@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 克弥

司法書士法人カルペ・ディエム金沢事務所
石川県金沢市北安江3丁目13番16号 土本ビル101

東京事務所

TEL
0422-27-5316
FAX
0422-27-5317
住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F
EMAIL
tokyo@shiho-carpediem.jp
メールフォーム
メールフォームはこちらプライバシーポリシー
代表
代表 金氏 一真

司法書士法人カルペ・ディエム東京事務所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 プレイス吉祥寺ビル6F

ページトップへ